本学園は、京葉介護福祉専門学校の学校運営について理事会等において検討を重ねて参りましたが、令和3年12月の理事会において令和4年度(2022年度)以降の学生募集を停止する方針を決定しました。

本校は高齢化が急速に進行する我が国において、「深い思いやりの心と人間性そして確かな介護技術をあわせ持つプロの介護福祉士の養成」を目指して平成13年4月開校いたしました。以来、21年にわたり情熱と意欲溢れる人材の育成に努めて参りました。これまで600余名の卒業生が主として県内の老人福祉施設や老人保健施設等に就職し、第一線で活躍しており、高齢者の自立支援や地域福祉の確立に多大な貢献をして参りました。しかしながら、昨今は18歳人口の減少など社会情勢の大きな変化から本校への入学を志す学生数が減少傾向にあり、今後も適正規模を確保できる入学者数が見込めないことより、将来の安定した経営を見通すことが困難な状況に至り、その結果募集停止に踏み切らざるを得なくなりました。

このような事態に至りましたことは関係者一同大変心苦しく、誠に残念の極みでありますが、これまで皆様方より本校に寄せられましたご厚意、お力添えに深く感謝いたしますとともに、ご理解を賜りますよう切にお願い申し上げます。